おはなしぶろぐ

日々のあれこれ

又も始まる歯科治療

昨日は、以前から気になっていた歯医者を訪ねてみました。


以前の住居の地で一年かかって直した歯なのですが、日に何度か


ずくずくと痛みを感じるようになって、こりゃまずいかなぁ・・と。


新規に開院した歯科医で、私が患者第一号でした。


色んな医療機器が揃っていて、なんだか今までとは違う感があって


緊張しましたが、人当たりの良い歯科医とスタッフで、


歯茎、歯の状態を詳しく調べて後、治療方針を説明してくれました。


歯の状態を表にしたのを見ながら、治療の必要な部分も説明してくれて


充分に納得のいく診断でした。今現在奥歯に2か所ブリッジがあるのですが


またブリッジが増えるようです。


幸いに前歯は健康なので見栄えを気にしなくても良く幸いです。


他疾患の通院もあるし、薬を飲んでいるし、8週間毎に受ける化学療法もあり


何だか医者通いが仕事のような暮らしです。


其のうえ、年が変わる前に内科や神経科も受診をするように、精神科の主治医に


言われていますので、少々気が重いのですが、スルーは出来ないでしょうね。


高額医療費の給付を受けていますが、医療費ばかり嵩んでそれも憂鬱。


日々出来るだけ外出をして体力の増強を図るようにはしていますが


気分的には、寝る前に体中の関節に痛みの出る行動はしたくないところです。


そうも言ってられないので、感染症の罹患を防ぐためにマスクをして


トコトコと何か目標を向つけては出かける事にしました。


都会の晩秋の景色もそこそこ美しいものです。それを楽しみにしたいですね。


気が付けば11月半ばに

ここ数年気忙しい月日を送ってきて、時に落ちついた感もありながら


今年に入って直ぐから、病気治療の事でカレンダーを気にする日が多く


漸く軌道にのったと安心したら、もう、11月半ば。


なんと早い月日を送ったのかと振り返ります。


良かったことも有り、気になる心配事も出て心理的には全然・・という


気もしますが、でも、均せば良き日を送ってきたと思えます。


この頃は、冬に向かう気配に、昨年までは感じなかった体の変調に


少々戸惑いを感じていますが、気にしてもどうという結果にも


結びつかないので、日々自身にとって最良と思える時間を


過ごせるように暮らし向きが変わりました。


いい加減な専業主婦になり、夫には気の毒な結果になっていますが


日常を太平に過ごすのが一番と我慢してもらっています。


そんな中、体調を見ながらですが、夫と出かけるのが楽しみになりました。


少し、気持ちにも余裕が出来てきたという事なのかと思います。


これからの季節、すっきり晴れる日も多くなり寒くなりますが、


身体を労わりつつ楽しい事探しをしたいと思います。


10月も終わりに

すっかり秋らしい気候になって、カレンダーをみれば


10月も明日で終わりです。


今年は、年初めから健康面で色々あって、忙しなかったからか


月日の過ぎるのを、滅茶苦茶早く感じています。


良い事ばかりではないのですが、健康面ではプラス面が多く


生活の質が変わったように思います。


それが一番何よりなのですが、専業主婦が主婦業の手抜きを


するのが日常になり、少々反省をしなければならない所ですが


心身の苦を少なく過ごそうと思えば、仕方のない面もあって


甘んじてもいいかな・・と開き直ってる自分がいます。


横になってる時間が増えた分、本を読む時間が倍増しました。


何度も読んだ本なのに、改めて最初から読み始めると


新たな面白みが発見出来て楽しいものです。


また、昭和の良き時代の音楽を聴いていると、胸がジーンと


熱くなるようになりました。


歌詞にその頃の想いを重ねてしんみり聴いています。


過去を懐かしむ年齢になったのでしょうかね。